ナイフのある暮らし

2016年07月31日

年鑑ナイフマガジン2016

年鑑ナイフマガジン2016が発売されました。
さすが「年鑑」だけあってボリュームもあり盛り沢山です。

IMAG4932.jpg

そしてなんと言っても、嬉しいのは夫のナイフを掲載していただけた事

IMAG4938.jpg

ワッシャーやボルトを利用した自作ハンドルのドロップハンターです

IMAG4933.jpg

私の好きな美しいナイフです。
写真もとっても綺麗に撮っていただけて、
「毎回、テーブルを見るのが楽しみなメイカーのひとり」
と、紹介までしていただけました
ありがとうございました。

そして……
いつも仲良くしていただいている山本宣弘さん。

IMAG4939.jpg

ジャコウ牛の骨のハンドルは、
独特の模様と色合いがとっても素敵。
落ち着きのある大人のナイフという感じです。
こういう上品な作品は女性にも人気があるのではないでしょうか。

そしてこちらはエンバン教祖さま、鈴木寛さんのナイフです。

IMAG4940.jpg

ハンドルはアフリカ産のカモシカ、オリックスの角です。
とても個性的で迫力があります。
男っぽい、こういうナイフは、
実際に握ってニヤッとしている男性の姿が目に浮かびます。
写真のバックも毛皮でしたが、本当に毛皮がピッタリというナイフです。
まさしくワイルドだろ〜

どちらのナイフもお洒落で素敵な逸品です。
夫もさすがだなぁと感嘆しておりました。
私の技術の無さにより上手に写真が撮れなくて……m(_ _)m

そしてなぁーんとこちらのページにも……

IMAG4935.jpg

みなさんはお顔の写真なのに夫はナイフを載せていただけました。
やっぱり顔は雑誌的にNG……て事?
なんてからかっていたら……
(多分たまたまテーブルに居なかっただけなんでしょうね(笑))
なんとなんと別のところにふたりで写っておりました(笑)
私の後ろ姿が写っていたり(笑)
みなさん、Tom妻を探せ!です〜(笑)
最近、旅行に行っても自分の姿はいっさい撮っていないので、貴重かも(笑)

他にも松田菊男さんの特集があったり……
ショーでお会いした時は冗談を言ったり、
自慢?のお腹をツンツンしたり……
こんなに有名ですごい方なんですよね〜
いつもわかっているんですが、
ショーでお会いするメーカーさん達。
夫にとっては昔から憧れていた雲の上の方ばかり……
そんなすごいみなさんなのにとっても気さく
まだショーに来られた事が無い方も一度遊びに来て欲しいなぁー。
楽しくおしゃべりしながら興味深いお話が聞けると思いますよ〜。
こんな世界があったんだぁ〜なんてびっくりするかもね(笑)
そんなナイフの魅力満載の「年鑑ナイフマガジン2016」いかがでしょうか?
アトランタなど海外のショーの紹介や、見応えのある写真も満載です。

マトリックスアイダさんでも販売されているそうです。
通販も応じているんだって……
お盆休み、ご予定の無い方、
かなり読みでがあるのでピッタリです

ひとりでも多くの方にナイフの魅力を知っていただけて、
興味を持っていただけたら嬉しいですね























posted by Tom妻 at 10:44| Comment(4) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

夫のびっくりポンな出来事

今日、夫が仕事中に声をかけられたそうです。
「Tomzyさんですよね〜ブログいつも読んでます」
車で通りすがりに夫を見かけ、声をかけてくださったようです。
その男性は、ナイフショーにいつも来てくれていて夫の事を知っていたのだそう。
夫も、もちろん覚えていました。
それでも、夫は作業服。
会場でならわかっても、背景が違うとなかなかわからないもんですよね〜。
よくわかったなぁ〜と、なんだか嬉しそう。
本当に嬉しかったようで、仕事帰りの車の中で、
早速私に報告してくれました。
仕事中で、なおかつ突然の出来事に弱い夫、
「ちゃんとお話出来無くて残念だった」
とも言っていました。
仕事が忙しく、暑さも加わりかなりお疲れモードで気分ダダ下がりの夫。
こういう嬉しい出来事があると気持ちも盛り上がり仕事頑張れるよね〜



IMAG4857_1_2_1.jpg

この暑さで、じゃじゃ丸がいつもいた大理石の板の上でくつろぐにゃーにゃ。
こんな姿にかなり癒されております。
最近、知人宅でも二匹の迷い猫を飼い始めて……
子猫の可愛らしさにメロメロのヘロヘロ(笑)
猫はいいよ〜(松尾スズキさんの盆栽はいいよ〜風に(笑))













posted by Tom妻 at 00:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

骨折妻の骨折日記 完結編

先週の木曜日は診察日でした。
レントゲンを撮って診察をして、
先生から「もう大丈夫」というお墨付きをいただいて……
のはずでしたが……(笑)
同僚の「俺だったらもう行かない」の言葉に、
そうだよね〜(笑)
ギブスが取れ、サポーターも必要無くなり、
なんと言っても、
あれだけ上野をウロウロ歩いていて治ってないわけないよね〜。
今更レントゲン撮っても……かなぁ?
それでもどうしようかと悩む真面目な私(笑)
気が小さいというか……
なんとなく「もう大丈夫」という太鼓判も欲しいような…(笑)
なんてグズグズしているうちに面倒になり、
結局「自分の身体は自分が一番わかってる」なんて、
言い訳にもならない事を自分に言い聞かせながら、
診察をパスしてしまいました。
まぁー大丈夫でしょう。
というわけで本日、骨折妻の骨折日記は完結いたします。
先日の上野の様子でみなさんは
「今更〜(笑)」なんて思っていられるでしょうが、
一応完結編を書いておかなくちゃね(笑)

心配していただいたみなさまありがとうございました。
無事完治いたしました。
これからシニア世代を生き抜くための良い教訓になりました。
戒めのためにギブスを壁に飾っておこうと思いましたが、
病院で回収されてしまいました。ザンネ〜ン(笑)


気分も新たに少しだけ玄関を夏の装いにしてみました。

IMAG4922.jpg

敷いてある紫色の布は母のショールでした。
そしてその上に敷いてある布と壁に掛けてあるのは母の帯です。
付け帯になっていたので二枚に分かれていてそのまま使えました。
不思議なもので、我が家の下駄箱の大きさにピッタリ
風鈴を飾っただけでも少しは夏らしくなったでしょうか。
しかぁ〜しこの玄関。
使うのは、宅配便のお兄さんと回覧版を届けに来られる自治会長さん位。
普段、家族や姉達は駐車場側の勝手口を使っています。
というわけであまり開け閉めしないので風も通らず、
鳴かずの風鈴なんです。
涼しげな音なんですけどねぇ…これまたザンネ〜ン(笑)









posted by Tom妻 at 15:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

上野東照宮から不忍池再び

ギリシャ展を堪能してから……
不忍池に蓮の花を見に行ってみようという事に
ただ蓮の花って朝早く開くのでもう午後のこの時間だとどうかな……
と思いながら行くだけ行ってみよう〜(笑)

IMAG4865.jpg

休日って事もあるけど、
上野公園は大道芸をやっていてすごい人だかり

以前にも立ち寄った上野東照宮。

IMAG4881.jpg

先日TVで紹介していて社殿内もすごいんだよ〜
金ピカなんだよ〜
という訳で入場料500円を払って今回は中に入ってみる事に。
「社殿内には入れませんよ〜」と言われ、
やっぱりTVを見て期待して入った人が居たのかな?

唐門の内側は

IMAG4867.jpg

彫刻も素晴らしい〜

IMAG4868.jpg

社殿は金色殿とも呼ばれているそうです。

IMAG4877.jpg

社殿内が見られないのはちょっと残念ですが、
あれだけの金ピカ、仕方ないかな……

透塀の彫刻も素晴らしいです。

IMAG4879.jpg

幹の太さが8m以上という上野公園一の御神木、大楠もありましたが、
やっぱり500円はちょっと高い気がしました。

境内には……

IMAG4883.jpg

神楽殿

IMAG4885.jpg

石灯籠などが……

IMAG4889.jpg

もう完璧に蓮の花は無理かも……
と思いながらもブラブラ歩いて行くと、
池の周りで骨董市が……

IMAG4890.jpg

テントの屋根に亀〜(笑)
そしてこんな方も……

IMAG4891.jpg

肝心の蓮の花は……

IMAG4896.jpg

都会のど真ん中にこんな………
前回来た時は枯れて淋し気な蓮が青々として素晴らしい〜

IMAG4904.jpg

やっぱり花は開いていませんでした。
それでも広い池いっぱいにある蓮の蕾も大きく、
もう咲き切ってしまって開いた花もあったりしてなかなか見応えがありました。

IMAG4907.jpg

IMAG4897.jpg

IMAG4908.jpg

IMAG4902.jpg

いつか…
一度は早起きして満開の蓮の花を見てみたいな……
どんなに素晴らしいことか……

その後アメ横をちょこっとブラブラし、
本日の夕食は東京駅で……

IMAG4909.jpg

天丼と散々悩んだ結果、
銀むつが美味しそ〜という事でこちらに。
やっぱり和食が美味しいお年頃ですね。

さすがにちょっと疲れましたが、
骨折から完全復活です
と言って良いよね〜(笑)







































































posted by Tom妻 at 02:17| Comment(4) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

古代ギリシャ展

上野の東京国立博物館、平成館に

古代ギリシャ展
ー時空を超えた旅ー

IMAG4863.jpg

を観に行って来ました。

途中「いつ世界遺産に登録されるのかな〜」
なんて話しながら国立西洋美術館の前を通り過ぎた午前。
帰りの電車の中で、登録されたとニュースで見て、
記念に写真とっておけば良かったね〜なんて。

ギリシャ展はギリシャ国内の博物館から集められた作品を
新石器時代からローマ時代の流れで見せる展覧会です。

IMAG4912.jpg

チケットにもなっているサントリーニ島で見つかった
「漁夫のフレスコ画」の色鮮やかさには驚きました。
火山の大爆発で灰に埋まり、そのため良好な状態で残ったという事です。
当時の人々を襲った不幸によって残された作品という事なのかな?
感慨深いというか……
なんか不思議な気持ちになりました。

タコが描かれた壺。
五輪の原点のゆかりの作品など興味深く楽しかったです。
そして彫刻像の素晴らしさ……
素朴でシンプルなものから肉体表現の素晴らしい作品まで。
筋肉の美しいほぼ等身大の彫刻像は、
いつの時代も良いスタイルというのは同じなんだ!と感動してしまいました。
この時代の人ってみんなこんなだったのかしら?
それとも特別で、憧れも含まれているのかな?
本当に筋肉って美しい〜

歴史は詳しくないけど、見ているだけでも楽しいです。
今回の音声ガイドは市村正親さんでした。
まるっきり「テルマエロマエ」の世界です(笑)

帰りがけ会場に置いてあるパンフレット。
お友達ともらってくる物がだいたい同じなんです。
好みが同じなので「次はこれだね」
こういう楽しみがあると勤労意欲が湧くってもんです

ところで、観ている最中、地震が…
最初にゴーと音がして、みんな「何?」って感じで上を見上げた瞬間揺れていて……
だいたい会場では自分のペースで観ているので別行動の私達。
怖くなってお互いを目で探し駆け寄っていました。
そばに彫刻像などがありましたがビクともしていなかったのはさすが
あたりまえかぁ(笑)
東京は震度3だとか……
本当に怖かったです。


古代ギリシャ展は9月19日まで開催されています。
興味のある方、まだまだ間に合いますよ〜




















登録された当日だもんね


posted by Tom妻 at 08:56| Comment(3) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする