ナイフのある暮らし

2017年07月30日

ケメ……も私も若かった〜

ケメ……
佐藤公彦さんがお亡くなりになりました。

私がまだ10代前半の頃に好きだったフォークシンガーです。
小田原市民会館へコンサートを聞きに
姉が連れて行ってくれたのが懐かしいです。

「通りゃんせ」
「雨宿り」
「明日天気になあれ」
「あの太陽にもっと幸あれ」
「セブンティーン」
「ぼくのブルージーン」
などなど懐かしいですね。
確かLPレコードがあったはず……
と、探そうとしたら、夫のナイフ用品の後ろにあり探せずがっかり。

けっこう覚えている
「バイオリンのおけいこ」
♬今日はバイオリンのおけいこです♫
というフレーズが何度も出てくるんですよ(笑)

そして、もっと良く覚えているのは
「母から娘へ」という曲。
♬ハンサムな男を選びなさい
できることならね
ハンサムな男に似りゃ
ハンサムな娘が生まれるものね♬
子供心にけっこうインパクトがあったのかな(笑)

内容は忘れましたが
「かわいそうな怪獣ちゃん」
なんていう曲もありました。
けっこうコミカルな曲の方が覚えていたりして…(笑)
中学生の頃の私がよみがえります(笑)

ニッポン放送で24時から放送していた
「あおいくんと佐藤クン」
という番組もよく聴いていました。
その後に
「たむたむたいむ」
そして大石吾郎さんの
「コッキーポップ」
けっこうこの番組で
「NSP」や「雅夢」、谷山浩子さんなどを知ったのかも…
そして午前1時からのオールナイトニッポンを聴いていました。
あの頃から夜更かしだったんですね〜。

中学から高校の時は本当に良くラジオを聴いていました。
フォークソング、そしてニューミュージック。
全盛期でしたもんね〜
「古井戸」や「ふきのとう」……
な、な、懐かしい〜(*^o^*)

そう言えば何年(十何年?)か前に佐藤公彦さんが
雑誌のインタビューを受けたことがあり、
わざわざ買って読んだ覚えがあります。
若い頃のイメージしかなかったので、
かなりショックだったんですよね。
思えば自分だって歳を重ねてしっかりおばちゃんなのにね(笑)


「通りゃんせ」なんてまた聴きなおしたいな。
今の年齢で聴いたらまた違った感じで聴けるのかもしれませんね。
こんな風に色々な曲を思い出したり…
姉から「ケメが…」なんてメールが来たり…
なんだかまた淋しくなりますね。


ご冥福をお祈り申し上げます

















posted by Tom妻 at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする