ナイフのある暮らし

2017年08月30日

あっぱっぱ

「あっぱっぱ」ってご存知ですか?
私が子供の頃、
母や近所のおばちゃんが夏になると着ていました。
おしゃれに言うと、
「コットンのワンピース」
ってところでしょうか(笑)
今年姉の口から懐かしいこの言葉が……(笑)

出勤前にシャワーを浴びた後に着るのにピッタリ。
通勤着を着る前、
髪にドライヤーをかけたり化粧をしたり…
暑い季節には涼しいし本当に便利です。

そんな「あっぱっぱ」を姉が手作りしてくれました。
今、姉は母が残した着物のリフォームをしています。
今回はリフォームを一緒に習っている方の、
「浴衣で作ると洗うほど生地が柔らかくなって気持ち良いよ〜」
と言うオススメで……(^∇^)

KIMG0092.JPG

姉とお揃いです。
着物一反で二着作れるんだって……
もう一枚作ってくれて、
その柄は見たことあるな〜と思ったら、
姉が若い頃着ていた浴衣でした。
懐かしさも重なってなんだか嬉しいですね。

ところでこの「あっぱっぱ」
調べてみたら、
くいだおれの創業者が考案したとか……
歩くと裾がパッパと広がる事からついたという説もあるそうです。
昭和4年、東京は40年ぶりの猛暑で、
このあっぱっぱがとっても流行ったのだそうです。
通販も見てみたら今でも「あっぱっぱ」という名称で
売っていたのにはびっくりしました。
なんと1万円近い物もあり、
そこまですると、
お風呂上がりに着る簡易服じゃ無いですよね〜(笑)
お出かけ着にしちゃいそうです(笑)

母の着物がまだ残っているので、
色々作ってみるそうです。
私の分も作ってくれるそうなので楽しみです。

私も母の帯やショールを
壁に飾ったり、テーブルセンターにしたり……
タンスにしまい込まないでこんな風に楽しんでいるのを
母も喜んでいるのではないかな(^∇^)
と、思っています。











posted by Tom妻 at 00:18| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする