ナイフのある暮らし

2020年08月31日

再生できないホームビデオありませんか?

再生できないホームビデオありませんか?」
というNHKの番組があります。

昔、父親やおじいさんが撮った8ミリビデオ。
もう機械もなく観ることが出来なかったものを
再生して観る、という内容です。

先日放送されたものの中に
おじいさんが撮影したものがありました。
お孫さんが生まれる前日に
亡くなったというおじいさん。
まるで生まれかわり?
お孫さんは当然ですが
写真でしか見たことがないおじいさんの姿。
ビデオにはおじいさんの姿も撮影されていて、
「恰幅が良いなぁ」
なんて、嬉しそう。


そして別の人のビデオには
幼い娘さんの姿が‥^_^
なんと緊張して右足を掻く姿が
お孫さんとそっくり(笑)
その写っていた娘さんも
一緒に見ていたんですが
今、抱っこしている自分の娘が
子供の頃の自分の癖と同じだなんて、
感激して涙ぐんでいました。
よく父子で寝ている姿が
そっくりなんていうのありますよね^_^
血の繋がりを実感するね〜^_^

プロポーズの瞬間やら
子供の頃のお誕生日会。
その場面場面が愛おしく
ちょっとホロってしたり^_^

昔、確か叔父が撮ったビデオだったと
思うんですが、
亡くなった私のおばあちゃんの姿を
撮影したものがありました。
それを見ながらみんなで
「おばあちゃんが動いてる〜」
と大喜びした事を思い出しました。
写真も良いけど
生き生きと動いてる姿を見るのは
なんだかとっても嬉しかった^_^
あの頃はまだ携帯なんてなかったから
本当に貴重なものでした。

今は携帯ですぐ撮影できるし、
手軽に見ることが出来る。
本当に幸せな時代です^_^

これからはもっと意識して
色々な場面を写真だけではなく
ビデオでも撮りたいなぁ
なんて思いました^_^
ただ‥
今の自分の姿はあまり残したくない、
というか見たくないので
私は撮影者に徹します(笑)



posted by Tom妻 at 14:38| Comment(2) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お茶の間のおばちゃんからのクレーム?

最近‥というか
ドラマを観ていて思うんだけど、
良い人がみんな死んじゃうんだよね( ;  ; )

wowowで放送していた
お気に入りの海外ドラマ。
先日最終回でしたが、
主要人物のひとりが亡くなりました。
新シリーズも放送するみたいだけど、
もう出演しないなんて淋しいです。
と、思っていたら
NHKのドラマでも‥
内田有紀さん演じる女医さんが、
自殺してしまいました( ;  ; )
(予告で見た限り助からなかったみたい)
このドラマを観る
楽しみのひとつだったのに!
とっても残念です。

元々そういう内容なんだろうし、
ドラマチックにするためとか
色々事情はおありでしょうが
やっぱり残念です( ;  ; )

最近、松嶋を亡くしたりして
この歳になると
命の儚さは身に染みておりますが、
やっぱりお気に入りの出演者には
ずっと出演していて欲しいよね〜
せめて退職するとか‥
そうすればまた再登場、
なんてこともありそうじゃない?(笑)
まぁ、一視聴者の勝手な言い分ですが(笑)

ちょっとドラマに
のめり込みすぎでしょうか?(笑)
それだけおもしろいドラマ、
そして魅力的な俳優さん、
って事なんです^_^

主役はこれでもかっていうくらい
生き延びるのに!
ホント不死身じゃないの?
と思うくらい!
(昔「24」っていう海外ドラマ、あったよね〜)
それなのに共演者はすぐ殺しちゃうなんて
(ちょっと言い方はなんですが)
それこそ命の儚さを現実以上に
実感いたします。

なぁんてまだぐずぐず言ってる
お茶の間のおばちゃんです。


「24」の事を書いたら
犯人の前で長々とおしゃべりしていて
結局捕まるだか殺されちゃうだかした
主人公の奥さん。
早く逃げろ!
なんで逃げない!
とTVに向かって言っていた自分を
思い出しました(笑)
内容はあまり覚えていませんが
その場面‥というか
TVに向かって文句言ってる自分の姿は
よく覚えています(笑)
昔からおばちゃんだったのね〜(笑)



posted by Tom妻 at 00:03| Comment(2) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

夫からのクレーム(笑)

FBE74E3D-C5D0-4FF1-A67A-AE0F9FC2C75E.jpeg

先日、松嶋のこんな写真に
夫にホース(?)を巻かれても
大人しくしている‥
なんて載せたら、
夫からのクレーム(笑)
夫が巻いたのではなく
自分でやったんだって(笑)
そしてホースじゃなくて
エアコンの配管だそうです。
夫もなんでこんなところに?
って不思議だったらしいです(笑)
夫から
「俺がやったなんて書かれたら
なんてひどい奴だって思われちゃう」
ってクレームが入りました。
という事でこの場で
訂正し、お詫びさせていただきます。
夫はそんな悪い奴ではございません^_^
でもなんでこんなところに?
自分で入り込んだみたいだけど‥‥
なんで〜?
今となっては神のみぞ知る、かな?
まぁ聞いてもわからないけどね(笑)

こんなクレームを入れる夫も
こんな場所に入り込む松嶋も‥
可愛い奴らです^_^


まだ松嶋の姿を探してます。
まだ松嶋の鳴き声が
聞こえるような気がしてます。
それで良いのだと思ってます。

posted by Tom妻 at 23:36| Comment(4) | ワンニャン猫屋敷便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

ナスDの大冒険


テレビ朝日の社員、友寄隆英さん、通称ナスDが出演している毎週水曜日深夜2時21分より放送の「ナスDの大冒険」


とにかく面白いです。
ほとんどの日本人、イヤイヤほとんどの人間が行ったことのない世界の僻地に命がけで向かい、そんな場所に住む人々をディレクター目線でレポートする番組です。

見たこともない雄大な景色に目を見張り、知られざる文化に興味津々。
自分じゃ絶対行かないもんね〜
お友達にマチュピチュに誘われたけど丁寧にお断りしました(笑)
坂道苦手です( ;  ; )

今はネパールの奥地、ドルボに住む「天空のヒマラヤ部族」に会いに行く旅を放送中。

富士山より数千メートル高い場所をとにかく歩いて登る。
もう木も育たない高地です。
そんな場所でも
ナスDはよく食べて、ホントに元気(笑)
何杯もおかわりする姿に夏バテ気味の私も元気をもらえます。
っていうか羨ましいより呆れてる?(笑)

レポートするナスDの横でバタバタと高山病に倒れるスタッフ。
カメラやマイク、色々機材を持っているし、確かに大変だよね。

本当に高山病で死んじゃうんだよ、と心配する同行の元テレビ朝日ディレクターでアルピニストの大谷映芳さん。
この方はいつも淡々としてマイペース。
だけどもう70代。
ナスDも凄いけど、この方はもっと凄い!
それにスラッと背が高く、かなりダンディ^_^
山男というより学者風かな?

そして高地でも色々工夫して凝った料理を提供する現地の料理人さん。
凍てつく中、暖かいお手拭きまで用意し、日本人向けにスイトンやらなんやら、自分達も一緒に歩いて疲れているにもかかわらず、手を抜きません。
お誕生日のスタッフのためにケーキまで用意します。
そういう心遣いが嬉しいよね。
それに美味しいからナスDがあんなにおかわりするんだよね〜^_^

凄い男達がたくさん活躍しています。

まだまだ旅の途中‥というかまだ目的地にも着いていません。
この行程をまた戻らなくちゃならないの?
考えただけで気が遠くなります。
でも、だからこそ番組はまだまだ続きます^_^
楽しみです。

夜更かし大好き💕な私でもさすがにこの時間まで起きていませんのでしっかり録画して、夫婦で楽しんでいます^_^
もちろん夫もハマってます^_^
破天荒なナスDには以前から楽しませてもらってますが、今回も魅力満載です。

オススメです^_^





posted by Tom妻 at 17:42| Comment(2) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

幸せな日々

写真立てに入れようと
松嶋の写真を探していたら‥


F58E76FF-1DBB-4277-906E-3E9BD3D7F1C3.jpeg


こんな可愛らしいのが見つかりました^_^


F1453A7D-9740-4AAD-B3AD-3606F09B9B44.jpeg


にゃーにゃと仲良くご飯を食べています^_^
付かず離れずだったと思ってましたが
けっこう仲良しだったのかな?
これなら雲の上でも淋しくないね。


FBE74E3D-C5D0-4FF1-A67A-AE0F9FC2C75E.jpeg


夫にホース?を巻かれても
大人しくしている松嶋(笑)
なんか可愛い〜(笑)


10717330-1824-437E-932A-D33C3C92A5B3.jpeg

夫に抱かれて‥


B93A4B15-3268-4C5B-99DA-6C0B31594B9D.jpeg


しばらくすると
私の所にもご機嫌伺いに来ます。
一応気を使って平等に
って思っていたのかしら?


750AA5EF-7C99-411B-8016-93F81149B28F.jpeg

いつも
こんな風に座椅子に寝っ転がっている
私の背中にくっついてまったりしてました^_^
あったかいんだからぁ〜^_^

松嶋の
微笑ましい姿に
癒されます。
こんな姿をたくさん残してくれたって事は
たくさんの幸せな時間を
一緒に過ごせたって事だね。
まだ松嶋の姿や
私を呼ぶ声を探してしまいます。
もうしばらくは松嶋の事を
たくさんたくさん
想っていようと思います。


posted by Tom妻 at 01:18| Comment(4) | ワンニャン猫屋敷便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする