ナイフのある暮らし: 旅行記

2019年11月10日

黒部渓谷パノラマ展望ツアーD

上部トンネル出口広場からは
登山道を登りパノラマ展望台へ‥
こちらに手荷物を置いて
身軽になって
いざ出発!
なんだけど…
私は高所恐怖症。
特に下り坂が苦手。
行きたくないなぁ〜


image-51fc7.jpg


image-175b0.jpg


こんな注意事項にビビリまくる私。
ここで待ってる❗️
と言いながらも
せっかくだからと頑張ってみることに。



E8645C3E-79CA-4365-8ACB-EABE79413011.jpeg


結果、途中でもうダメ〜
とゴネまくる私(T . T)
そんな私に
あと少しだから頑張って、と
なだめながら
展望台まで連れて行ってくれた方。


E7FBE7DD-8328-4C44-BE6A-018FB1A3595F.jpeg

優しい笑顔に感謝。
お騒がせしました。
本当にありがとうございました😊

下りが苦手な私。
お友達のまさこちゃんが
至れり尽くせり^_^
登山経験のある彼女が
歩き方を教えてくれて、
数段降りては振り向き
手を貸してくれました^_^
本当に心強かったです。
ありがとうございました。
一生ついて行きます^_^
って言う気持ちになりました^_^

みんなに助けられて生きてるんだわ〜
と実感。
感謝しなきゃね。


それでも、やっぱり下りは怖い!
大した距離を歩いたわけではありませんが
やっぱり怖かった〜(T . T)
だから途中の画像は無しです。
下に流れている川は‥
なんて説明してましたが
必死の私は
下なんか見れない!
川が流れているのは
う〜んと下なんだから!


標高860mの展望台の景色はこんな感じ。


072993BE-D4A5-4CE9-8135-597087ECCF4F.jpeg


120EBDAA-1B8A-44A0-93A6-A98E7D8E7887.jpeg


今日は最高の日!
だったんだって。
前日は雨でパノラマ展望台に行く人も
いなかったそうです。
やっぱり晴れ女の私のお・か・げ^_^


竪坑エレベーターと
専用列車を乗り継ぎ、
欅平駅に戻り昼食です。


95F299A7-441D-4CFC-AB98-D66543873498.jpeg


6D004C53-7904-495B-9694-370D8A92AEE7.jpeg



2102B25E-9AA7-4670-832E-D7CCBFCC26AB.jpeg


おにぎり潰れちゃいました(笑)
お昼を食べてやれやれです(笑)


トロッコ電車で
宇奈月駅まで戻り
私達の黒部渓谷パノラマ展望ツアーは
無事終了となりました^_^

恐怖の登山もありましたが
過ぎてしまえば楽しい旅でした。
姉とそのお友達。
姉の中学からのお友達なので
私は妹分として
気楽な身分です^_^
甘えっぱなしで許してもらってます^_^
最初にお金を預けてしまい、
あとはお昼代とかタクシー代とか
全てそれで賄ってくれます。
しっかり者の会計係りがいてくれるので
本当に気楽で楽しい旅です^_^
いつも誘ってくれて感謝してます。

また連れて行ってくださいね〜^_^


さて楽しい旅も終わり、
次の私のイベント?は、
白内障の手術です。
姉が色々心配してくれています。
私も不安なんですが、
みなさん手術して良かったと
言っているようですし、
先日、
経験者のお友達に会った時
色々聞いたら、
「今まで私の見ていた世界ってなんだったの?
と思える程、世の中明るくなるよ〜」
と言っていました。
楽しみです^_^

無事に生還するよう
祈っていてくださいませね〜^_^





posted by Tom妻 at 01:20| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

黒部渓谷パノラマ展望ツアーC

欅平駅に到着した私達は
ヘルメットを渡され
専用列車で
竪坑エレベーター下部駅に向かいます。


61BA5494-D187-41C7-A474-AE694874E687.jpeg


ここから先は、このツアー限定で
一般の人は通常立ち入る事が出来ない
関西電力工事用区域内です。
ヘルメットの下に着用する
不織布で出来ているキャップを
後前に被ってしまったり‥
ヘルメットなんて被った事のない私は
四苦八苦(笑)
頭が人一倍小さいので、
なんだかしっくりこない〜
周りの知らない人達が
お世話してくれました(笑)
実は幼稚園の入園の時、
あの黄色い帽子を購入するのに
どれも大きくて特注するようかしら?
と先生に言われたほど小さかったんですよ。
身体は大きく(太く?)なったのに
頭は成長しなかったんだね〜(笑)

欅平駅から竪坑エレベーター駅までの
約580mはED凸型機関車が
客車を牽引して往復します。


23915B54-F879-44CB-9496-C7DA0D563CA8.jpeg


852B95A8-A7EE-46B3-AC11-BE48D7ECAAF9.jpeg


4406D8F3-01A7-45C1-836C-09B8392C8374.jpeg


D0DF7B3F-B46D-4527-914B-BBEC26B1C118.jpeg


B5C18D90-049E-47DD-8054-EACD3C39AD8A.jpeg


下部駅は標高約600m、
上部駅は約800m。
高低差は約200m。
でもあっという間に着いちゃいます^_^


53D538AE-A857-4B3C-860B-31417A485896.jpeg


6FFD2F5A-F4F5-4E43-A1B4-379CB753E01D.jpeg

これ何かわかりますか?
画像では見にくいですが、
黒く見える所が凹んでいます。
何かあった時、
ここを登って
エレベーターの上に出て
避難するんだって。
私は完璧に助かりそうにないです(T . T)


4C6D7B30-89D2-4EB1-A3B4-B94B74E90FF1.jpeg


C2129097-6F49-45C1-A900-3B231DB799E6.jpeg


竪坑エレベーター上部駅に到着したら
上部トンネルを歩き、
途中の竪坑展望台へ。


CEBEBCA3-B618-4DE1-8D5B-62DB56E484FF.jpeg


展望台からは雄大な山々が‥
初冠雪だそうです。

奥鐘山、白馬鑓ケ岳、天狗ノ頭、鹿島槍ケ岳、
などの後立山連峰が一望できます。

この後、上部トンネル出口広場へ
むかいます。
そこからがね〜
…大変だったんだよ〜(T . T)


image-7d79a.jpg










posted by Tom妻 at 23:54| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

黒部渓谷パノラマ展望ツアーB

トロッコ電車と関電竪坑エレベーターで行く
黒部渓谷パノラマ展望ツアーに参加します。


image-0b8a2.jpg

image-7ea84.jpg


受付時、
本人確認のため証明書の提示や
手荷物検査もありました。
トレッキングシューズやリュックサック、
スポーツ飲料の持参など
注意事項を読むほどにビビる私(笑)
なんとヘルメットの着用も‥
大丈夫か私!


image-b7a9b.jpg


8DE18624-F08B-4C06-91DD-88CC0F7E794C.jpeg


では宇奈月駅で説明を聞き、
トロッコ電車にて出発です^


174439BA-C22D-49FD-BC0E-063BF630B78E.jpeg


車内放送は
女優の室井滋さんです^_^



C9237390-D4EF-4994-B6E4-74F50317CB2E.jpeg


トロッコ電車は窓がないので寒い!
80分ほど吹きさらしなので
ヒートテックの極暖着て来て正解^


712599F3-7CFD-4FAD-820D-8DD3FD295105.jpeg


14B400E0-8723-4377-8D34-E62352AA7E63.jpeg


それでは車窓からの景色を
順不同ですが、
お楽しみください^_^



7E1EF532-EBDD-46F6-9C9D-E7B41B6AE492.jpeg

A393E941-0097-4179-B83C-11A671B2C301.jpeg


湖面橋

9A8DB924-51BE-4BD8-96F0-D8C0CE243FF3.jpeg


仏石

0B27D57D-035C-4169-B116-02B0ADEEEA1E.jpeg


新柳河原発電所

EB4DD0C9-6447-48B6-BFC4-C5D96B0486D2.jpeg



0E0AE426-252F-437C-A661-E2D0A1E1C7D4.jpeg


5545EEFF-2F03-42BA-9654-4A9393DD2D14.jpeg


D54ED072-8A01-4268-B8DC-7D5838697351.jpeg

この橋はお猿さんが渡るためなんだって^_^



9349A15A-20B6-464C-82D4-AE015990313B.jpeg



04EB8AE6-10C0-495E-825B-CD8042DAB7BC.jpeg


だんだん川幅も狭くなり
秘境ムードも漂います。
深く険しい谷に架かる橋の景観も
スリリングです。



57B5C168-A4A1-4BCA-9AD7-14C7B66DA6D3.jpeg



10FBC77B-88D7-4D36-B1D7-BD8EB7E9858A.jpeg



F24CF2DA-ED6A-4F91-96B5-578C87AD09B7.jpeg

黒部川第二発電所‥だったかな?


こんな渓谷に線路を通すなんて
凄いなぁと感動!


結構、駅もあるんです。


34810BC0-D46E-4E9B-BCA4-FE4C7F3D1745.jpeg


1CC59C7E-9DA9-46D0-821C-9451260E98E7.jpeg


614C9274-6303-4C7B-9DFB-DE35E8019CBB.jpeg


7865D125-DD73-43F7-9E97-87D45FCFB462.jpeg


B4A67037-8EA5-4FB2-BCEC-B26794CC85AF.jpeg


もちろん温泉も‥
まさしく秘境の湯だね^_^


19A11FF9-D93D-4C08-A599-0665AC9DEE9F.jpeg



4EBAFE76-882A-40D2-85ED-30AACDD8F840.jpeg


4BE3C83C-FC1C-4C20-A8E1-AD721D5C001B.jpeg


ダム関係の方たちも沢山見かけました。
ご苦労様です。


E14C629A-5DE6-49E6-A63E-3FAF0829DDFE.jpeg


B6101E40-B354-43B4-BAC3-005337E719D9.jpeg


トロッコ電車が通過すると
手を振ってくれるんですよ〜^_^


0B6FEAF3-55FD-411F-9496-2C3E39882931.jpeg


0117F747-B1DF-446E-A608-B1A20E9E7F69.jpeg


欅平駅からは
ヘルメットをかぶり
専用列車に乗り
関西電力工事用区域に入ります。



posted by Tom妻 at 00:39| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

黒部渓谷パノラマ展望ツアーA

黒部渓谷への一泊二日の旅の始まりは、
5時に待ち合わせのコンビニを出発です


F0C9CA60-3237-45D4-A5B2-E58B7BB9561E.jpeg


先ず向かったのは
中央高速の諏訪湖SA。


4D07E1AF-562A-4A67-9504-077E1175BCD7.jpeg


89C1DE72-9050-4932-BF9B-7149E71F6454.jpeg


こちらで朝食バイキングです。
980円のところ60歳以上は880円^_^
今回は私も嬉し恥ずかし880円(笑)
食べるのに夢中で画像ありませんが、
こちらのバイキングはオススメ^_^
みんな美味しかったです^_^


そして向かったのは
お友達オススメのおやきのお店。


6EDB2954-F7BE-407A-BEA9-108786FBFB74.jpeg


8C55A4BB-3F74-4CBC-8339-4D56AFE3E073.jpeg


せっかく寄ったのに
開店時間までまだ時間があり、
先を急ぐので買えませんでした。 
本当に美味しいらしくて
私たちの他にも待っている人たちが‥
実は私、
おやきの美味しさがわからなくて‥
本当に美味しいおやきに
出会ってないのかも…
だから楽しみでもあったので
ちょっと残念でした。
(女子に人気のマカロンの美味しさも
イマイチわからない私なの(笑))

次に向かったのは
大町ダムです。
龍神湖からの景色を楽しみました。


1BD320CC-46BD-4396-8BF3-7819A5B9966E.jpeg

06D26712-78C3-464E-B432-8DA0367D60D6.jpeg


AE9F4240-9A27-4F1B-8909-7BA2D2F4F0CA.jpeg

54E6AD45-D81F-4FD1-BBDA-18710986DF55.jpeg


4AE8BA79-700D-48F3-B32E-ADDDF2017204.jpeg

なんだか水の色がすごいね〜
ちょっと紅葉には早かったかな?

この後に行く高瀬ダムには
七倉山荘から東京電力管理用道路の
ゲートを通ってタクシーで向かいます。
こちらは乗用車やバスは通行止めで
タクシーでしか行く事が出来ません。
バスツアーの方々が
タクシーに乗り換えるので
わさわさしてました^_^


648BBD72-8A98-4944-B40A-E2FAB839F99C.jpeg


FD717AFC-7367-4355-8294-051943423C3E.jpeg


このゲートから先はこんな
トンネルが続きます。


C95A2401-656C-4148-AB94-D5FFBD98120F.jpeg

8036F40F-D556-42A4-8A4C-F7143CE9A05C.jpeg

この辺りは色付いて綺麗でした。


CCD769B1-8EDD-4B91-BFD5-CC802BFE1214.jpeg

989C3383-5476-4B7F-A267-B9A0FA255F39.jpeg


813147B9-A310-463B-85BD-5B8D47BC6460.jpeg


A502F8FE-7F04-45A9-86B8-50891D4D3864.jpeg


A319135D-E0B8-4E5B-9D14-B574044312F1.jpeg


この高瀬ダムは自然石を積み上げた
ロックフィルダムです。
大部分が湖水に埋没した部分から
採取した岩盤や砂れきを
利用しているのだとか。
本当に珍しいダムでした。
こんなの初めて見ました。

タクシーの運転手さんが
色々説明してくれました。



870A5B89-7B37-4581-B060-C5AABE3B715F.jpeg

DFC663A6-C947-4D12-9D5C-3BF3908A034F.jpeg


高瀬ダムの上でタクシーを降り


39E8869D-16C9-4973-BED0-5ACE85F339DA.jpeg


EA2620D1-55B1-46A5-9962-739E7C55DB75.jpeg


8F1F916F-4641-42CE-892F-1FDD8B01B108.jpeg


堰堤から濁沢登山口へ向かうトンネルへ、



AE1E878C-9F42-4012-9A74-706F43C63C5F.jpeg


トンネルを抜けると
不動沢吊橋です


18D6F79A-24D5-4091-85CC-DB47C6410BF5.jpeg


バスツアーの方たちは時間が無いからと
ここで引き返してました。
高所恐怖症の私、
ちょっとビビリましたが、
この吊橋はしっかりしていたので
なんとか渡れました^_^
良かったよ〜(笑)


655C7409-6EC5-4077-99FB-10A255814260.jpeg


32AFA3BC-1DD7-41A2-B199-CB66B33B92A6.jpeg


花崗岩かな?
風化し、少し硬くなった砂漠の上を
歩いているような感じです。
岩がゴロゴロしているより
歩きやすいです。
川の水が白っぽいのは花崗岩のためなのね〜。



00EA7455-C37F-4E07-A33C-5A99F4BEDC70.jpeg


お目当てはこの滝。
途中出会った登山者の方から聞くと
滝まではまだまだなようなので
見える所までで引き返すことに。


E5F50292-9120-414E-9CFE-34B2EC9A9FEC.jpeg

途中雨が降り出したので
行かなくて正解だったかな。


高瀬ダムからタクシーで
七倉山荘まで戻ります。

お昼も過ぎたので、
途中の道の駅でお昼です。



66D8C929-545C-4A8A-9D53-D36002DA8AF3.jpeg


この黒米の入ったご飯が美味しくて、
みんな売店でお買い上げ〜^_^
帰ってからおにぎりにしたら
美味しかったです^_^
白米に黒米をスプーン一杯混ぜただけで
ちょっとお赤飯みたいになります。

そして早めに今夜のお宿、
宇奈月温泉へ‥


EC527B4E-F7BF-4884-9722-4346B07A8096.jpeg


481E70B9-E694-41A0-A6A6-CA930495F6DC.jpeg


D23E4F13-A7C6-4A77-9500-744F07278F18.jpeg


ゆっくり温泉に入り
明日に備えます^_^
高所恐怖症の私にとって
試練の1日となるのでした^_^













posted by Tom妻 at 02:40| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

黒部渓谷パノラマ展望ツアー@

春に行った黒部ダム旅行。
今回はダムの下というか中というか‥
関西電力工事用区域内の
見学ツアーに参加して来ました。


image-fd837.jpg


黒部渓谷をトロッコ電車に揺られ、
専用列車や
竪坑エレベーターを乗り継ぎ、
恐怖の登山道で
標高860mのパノラマ展望台へ。

今回の旅は
高所恐怖症の私にとっては
本当に大変な旅でした。
一番若いのに
一番体力不足( ;  ; )
過ぎてしまえば
楽しい旅でもありました^_^
そんな私の珍道中
次回からちょっとだけ
(‥のつもりなんだけどなぁ)
ご報告いたします。
お楽しみに〜^_^


posted by Tom妻 at 00:57| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする